< meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge,chrome=1" /> 「新生改革 慇蚕颪里漾戞徑納靖史牧師(2017/09/17) - 日本バプテスト連盟に所属するプロテスタント教会です
礼拝ビデオをご覧下さい
アクセスカウンタ
今日 : 5
昨日 : 122
総計 : 751392
平均 : 110
週報巻頭言
週報巻頭言 : 「新生改革 慇蚕颪里漾戞徑納靖史牧師(2017/09/17)
投稿者 : admin 投稿日時: 2017-09-17 22:42:18 (152 ヒット)

テモテへの手紙二3章12〜17節
 500年前の1517年10月31日、ドイツ・ヴィッテンベルク城教会の門に「95か条の提題」が張り出されました。修道僧・マルチン・ルターが、唯一の教会・カトリックに対し、聖書をどう読んでも、当時の教会の教え(煉獄など)が書かれていないことに対する疑問への返答を求めたのです。悲しいかな当時の教会は、聖書に基づく教え以上に、1500年近く続く教会の伝統や人為的な教えが優先され、教会が変化・改革されることを恐れ、ルターを破門するに至りました。それまでもチェコのヤン・フス(1411年破門)や英国のジョン・ウイクリフ(1415年破門)らも聖書こそ、キリスト者の生活基盤となると訴えましたが、処刑され、その教えはもみ消されていました。しかし遂にルターの時代、グーテンベルグの活版印刷技術の助けもあり、95の提題はドイツ国中に配布され、多くの民衆が賛同の声を上げ、それまでのように教会と国家の癒着(政教一致)により権力で押さえつけることが困難となり、ヨーロッパ中に宗教改革のうねりが広がったのです。
 宗教改革においてラテン語で「ソラ=のみ」が聖書から語られ、正に主イエスの御言葉、「真理はあなたがたを自由にする(ヨハネ8:32)」との通り、心と魂が解放される喜びを人々は体験したのです。当時は「5つのソラ」、聖書のみ<ソラ・スクリプトゥラ>、信仰のみ、恵みのみ、キリストのみ、そして神の栄光のみでした。しかし、ルターの宗教改革以降、更なる改革が進み、「神の選び」を語るジャン・カルバンなど今のバプテスト教会の信仰の基盤になる教理が聖書から明示されますが、政教一致など聖書的でない教えがまだ含まれ、幼児洗礼の否定、非暴力を訴えるメノー・シモンズ(1542年逃亡者宣言)たち<後に、アナ・バプテスト(再洗礼派)と呼ばれる>によって、「信仰者のバプテスマのみ」など更なる改革が続きます。そして1612年、イギリス国教会より分離した群れ、私たちバプテスト教会の源流が誕生するに至った (1631年に生じた独立派に吸収された)のです。しかし、今のバプテストの教えが完全だとは信じません。なぜなら今なお宗教改革、いや自らを改革し続けること<新生>を主が求めておられるからです。
    <今回のシリーズは、聖書に基づく5つ以外の
              「ソラ」も分かち合います>
 「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です(テモテ3:16)」とあり、宗教改革当時は「教会」や「教皇」に与えられていた権威を否定し、キリスト者は「聖書のみ」に聞き従うこととなりました。こうして、主イエスがニコデモに言われた、「人は、(水と霊とによって)新たに生まれなければ、神の国を見ること(入ること)はできない(ヨハネ3:3-5)」と語られた意味への理解が深まったのです。
 私たちは一度限りの水による新生と共に、日々、生ける神の御言葉<聖書>に触れ、聖霊によって常に“新生”し続ける者として生かされていることを信じ、感謝しましょう。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。