< meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=Edge,chrome=1" /> <母の日礼拝>「命の宿るところ」牧師 山下真実 - 日本バプテスト連盟に所属するプロテスタント教会です
礼拝ビデオをご覧下さい
アクセスカウンタ
今日 : 333
昨日 : 540
総計 : 798627
平均 : 118
週報巻頭言
週報巻頭言 : <母の日礼拝>「命の宿るところ」牧師 山下真実
投稿者 : admin 投稿日時: 2018-05-14 13:52:08 (154 ヒット)

詩編91篇1〜15節
 発達心理学の中の、特に愛着理論という分野において、私たちが自分という存在を安心して受け入れつつ、自分の外の世界へと勇気をもって出て行くために、「安全基地」というものの重要性が言われます。それは、幼い子どもについて言えば、母親をはじめとする主たる養育者であり、その存在と関係性のもとに、いつでも安心して帰ることができるということがあって初めて、子どもは未知の世界へと自分の身を投じていくことができるというのです。
 詩編の作者は、全能の神という存在への信仰を、神を「避けどころ」「砦」として「依り頼む」ことであると表現しています(1節)。彼は、自らも信頼する「いと高き神のもと」について、人が「身を寄せて隠れ」「宿る」時(1節)、神がその人を「救い」「覆い」「かばってくださる」(3, 4節)ところである...まさに「安全基地」のようなところであると語っています。そして続けて、あなたは「恐れることはない」、病が「あなたを襲うことはない」、災難も疫病も「あなたに触れることがない」、そのように神があなたを守られると宣言するのです(5-12節)。
 しかし、信仰者の人生の実際はどうでしょうか。神を信じているからといって、災いがその身に降りかからなくなるわけではありません。むしろ、信仰を与えられたが故の悩みや苦しみというものもあるでしょう。この詩編の作者の言葉も、決して順風満帆な人生の中で生まれたものではないように思います。彼の目の前にもまた、厳しい現実があったのではないかと想像します。
 彼はその詩の中で、神への信仰を、神との相互の親密な関係として歌い上げています。「彼はわたしを慕うものだから 彼を災いから逃れさせよう」(14節) この中の「慕う」という言葉は特に、詩編に一度しか出てこない「すがりついて離れない」という意味の言葉です。この詩において表された彼の言葉は、神への信頼の告白であると同時に、神にすがりつくような思いでささげられた、彼の祈りの言葉のようにも思います。
 イエス・キリストもまたその生涯を通して、実に十字架の死に至るまで、父なる神に信頼し続けたお方でした。そのキリストが私たちに、「わたしにつながっていなさい」(ヨハネ15:4)と言われた、その言葉を思い起こします。
 私たちは留まることない人生という「道」(11節)を、常に「夜」と「昼」を繰り返しながら(5, 6節)歩き続けていくものです。そのただ中にあって、私たちがいつでも「身を寄せて隠れ」「宿る」ことができるところ、私を愛し「ともにいる」と言ってくださるイエス・キリストという「安全基地」に繋がっていたいと思います。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。