「 救いを求めて」 牧師 渡部信(2018/04/15)

投稿日時 2018-04-16 13:58:42 | カテゴリ: 週報巻頭言

ルカよる福音書5章17〜26節
今、日本では多くの人が人生の救いを求めています。心の渇望を求めています。孤独を感じて、寂しい気持ちで生活している人が大勢おります。本当は心から救いを叫んでいるのですが、それがどこにあるのか見出せません。いつも心の中で真実のまことの救いを求めて探しております。ある日本人牧師が、言いました。「私の説教は、常に「潮干狩り説教」になるように努めています」。それは初めて教会に来た人が、説教の中で一つでもその人の心に残るような御言葉を語りたい。そうでないと、その人は教会に失望してそのまま帰ることになる。もし家族が潮干狩りに出かけ、一生懸命、一日中、貝を探しても、何も見つからないで帰るとしたら、泥んこにまみれ、くたびれ果てて、家に帰っても夕食のおかずさえない。だから、あさりでも、しじみでも、ハマグリでも、小さな貝でも、カニでも、何でもいいから、来た人全員がそれを一つでも採って家に帰れるように「潮干狩り説教」を心がけているということです。今日は、この説教の中にはたくさんの聖書の御言葉がありますので、是非、一つでも自分のものにして、家に帰られることをお勧めします。生きた神様があなたに一番大事なイエスからの救い、神からの恵みの奇跡を与えてくれるでしょう。
なぜなら聖書の御言葉は2000年間、「救いを与えます」と語り続け、この御言葉によってどれだけ多くの人々に救いをもたらしましたでしょうか。また多くの人々の奇跡を起こしたでしょうか。イエスに出会った人々の人生が変えられたのです。

今朝のルカ福音書5章に記されている「中風の人がイエスの御言葉によって癒される」というお話は、マタイ、マルコにも、3つの共観福音書に書かれておりますが、とても印象的なイエスの癒しの業であったに違いありません。この中風の男の人にはまず救いが必要でした。そしてイエスには病を癒す力があったので多くの人々がその評判を聞きイエスの所へ「救いを求めて」来ました。場所はガリラヤ湖のカファルナウムという町でした。しかもユダヤ、ガリラヤ、エルサレムからイスラエル全土からファリサイ派の人々、律法学者まで押し寄せて来ました。でも彼らは「救いを求めて来た」のではなく、一体、このイエスの成している奇跡の業を見たいと思ったのです。そこに四人の男たちが中風の病人を床ごと運んでイエスの所に駆けつけました。家の周り中は人々に囲まれ、その狭い入口から家に入ることができません。しかしこの四人の男の人たちはこの状況をみて諦めませんでした。家の屋根に上り、その屋根に穴をあけ、そこからその中風の男の人をつり降ろそうとしたのです。この四人の男には、中風の男の人の病が癒されるためにこの病人を運ぶ使命がありました。そしてその中風の人もイエス様には私の病を癒してくれるという信仰がありました。ここに万難を排して、「イエスに救いを求める」姿勢が貫かれています。 




日本バプテスト連盟に所属するプロテスタント教会ですにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://tokiwadaikyoukai.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://tokiwadaikyoukai.com/modules/kantogen/index.php?page=article&storyid=627