「”いのち”輝く 『愛ゆえの鍛錬』 」牧師 友納靖史(2018/06/17)

投稿日時 2018-06-18 14:09:14 | カテゴリ: 週報巻頭言

ヨハネの黙示録3篇14〜22節
復活の主イエスからの手紙の最後はラオディキア教会宛てでした。これまで主がここまで繰り返し、励まし、叱咤激励し、希望を示された理由は一つ。主の教会に集う人々を愛しておられたからです。ヘブライ人への手紙には「主は愛する者を鍛える。…あなたがたは、これを鍛錬として忍耐しなさい。神は、あなたがたを子として取り扱っておられます。いったい、父から鍛えられない子があるでしょうか(12:5-11)」と語りかけられていました。これは3章19節にある「わたしは愛する者を皆、叱ったり、鍛えたりする」と、神のなされること全ては「愛から出ている」と宣言される言葉と重なります。ここで使われる「鍛錬」は、教育、訓練、しつける意味です。人生の最後に「勝利を得、主イエスの座に共に座らせたい…(3:21)」と願う、主の愛ゆえだと、7つの手紙全ての結論だからです。なぜ鍛錬が必要なのか、それはこのローマ人への手紙の有名な御言葉の通り、「…なぜなら、患難は忍耐を生み出し、忍耐は錬達<練られた品性>を生み出し、錬達は希望を生み出す…。そして、希望は失望に終ることはない(口語訳5:3-5)」からです。
 しかし「親の心、子知らず」とあるように、父なる神の偉大なご計画に気づかず、私たちの口からは不平不満が溢れます。そしていつの間にか主なる神への信仰姿勢が次のような状態となるのです。「わたしはあなたの行いを知っている。あなたは、冷たくもなく熱くもない。むしろ、冷たいか熱いか、どちらかであってほしい。熱くも冷たくもなく、なまぬるいので、わたしはあなたを口から吐き出そうとしている(黙示3:15-16)」。冷たいとは、氷や清涼水のように爽やかで、熱いとは、沸騰したお湯のようにメリハリがハッキリしている状態です。ところが、当時のラオディキア教会には、「なまぬるい」信仰。つまり、どっちつかず、中途半端、熱意のない信仰と呼ばれる歩みをする人々がいたのです。ここで主イエスが特に願われたのは、「悔い改め(方向転換)」と「救霊(福音宣教)」への熱意でありました。当時、この教会員が実は表面的生活の裕福さを追い求めながら、実は信仰的には貧しいと叱責されます。神の目に富む者とは、「火で精錬された金」と「白い衣」を持つ者だからです。ここでの「(純)金」とは、人生における不純物(不必要な時間や行動)が、火(人生の試練、苦難など)を通り、取り除かれた信仰。「白い衣」とは、主イエスの前に悔い改め、謙虚に十字架の救いを身にまとわせて頂き、天の御国に入る約束を与えられた豊かな信仰です。お金では買えない神の恵みを頂いていることに心を開き、地上の命(時間と賜物)を主に委ねる時、私たちに与えられる「永遠のいのち」は輝き、常に喜びと希望に燃える歩みがなされます。主が私たちに託された光を輝かせましょう。
 
   「霊に燃えて、主に仕えなさい(ローマ12:11)」 

  アーメン。主イエスよ、来てください<マラナタ>。

 




日本バプテスト連盟に所属するプロテスタント教会ですにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://tokiwadaikyoukai.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://tokiwadaikyoukai.com/modules/kantogen/index.php?page=article&storyid=636