「信条から告白へぁ惷譴靴泙譴真世鮨じる』」牧師 友納靖史(2018/08/05)

投稿日時 2018-08-06 15:26:27 | カテゴリ: 週報巻頭言

マルコによる福音書15章1〜15節
使徒信条を読んで一番心に引っかかる言葉。私には「ポンテオ・ピラトのもとで苦しみを受け」でした。主イエスの誕生が告げられた後、その偉大な生涯には一切触れられず、十字架の道を歩まれた場面へと一足飛びになっているからです。更に、当時のローマ総督だけが主イエスを十字架につけたかのような告白に違和感を覚えました。確かにピラトはイエスを十字架につける直接的決断を下しましたが、その背後に当時の宗教者や群衆の心の闇を忘れてはなりません。四福音書はピラトの面前に立ち裁かれる主イエスの姿を詳しく記しますが、それぞれを読む時、もしその場に私がいたなら、「十字架につけろ」と叫ぶ群衆と共に叫んでいたに違いないと示されていきました。こうして、聖霊なる神の取り扱いを受けると「イエスを十字架に架けたのは“この私です”」との告白へ導かれ、ピラトだけが罪を問われるような告白はアンフェア―だと思っていました。
主告白の言葉はそれぞれ、バラエティー豊かで良いのです。私の「助け主」「癒し主」「赦しを与える主」…など。しかし、もしその中より、一つだけを選ぶとするなら、「十字架につけられた主」と告白するものとされることでしょう。つまり神ご自身が苦しみを受けられたことを。その視点よりこの信条を読み直すと、初代教会からの告白を、まず個々人の信仰告白をする基準として学び、吟味し、再告白する (原)文として評価できます。
宗教改革者カルヴァンは「ジュネーヴ教会信仰問答題55」(1541年)にこの箇所をこう記しました。“問い:「なぜ全生涯の歴史を省き、降誕から直ちに死に移るのですか」。答え「ここでは私たちの贖いに固有な、ある意味でその本質を含むことしか論じていないからです」”と。
かつてバプテストの先達者達が固定化した「使徒信条」を告白せず、個々人が聖書からイエスへの主(キリスト)告白を紡ぎ出し、聖霊の働きに委ねる決断をしたことに感謝を覚えます。受浸する際の信仰告白は一度限りです。しかしキリスト者は、その生涯を通して日々、新たな主告白をし続けることが求められているに違いありません。主イエスが受けられた苦しみ。それは、受動態でなく能動態として聖書は語ります。本来、私たちが担うべき十字架を、自ら進んで担われた主イエスの偉大な愛に感謝いたします。「(イエスは)…、十字架にかかって、自らその身にわたしたちの罪を担ってくださいました。私たちが、罪に対して死んで、義によって生きるようになるためです…(ペトロ一2:21-25)」。
この主イエスの愛の足跡に私たちも続き、それぞれの人生の苦しみさえも祝福へと変えてくださる神の力を体験をさせて頂きましょう。




日本バプテスト連盟に所属するプロテスタント教会ですにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://tokiwadaikyoukai.com

このニュース記事が掲載されているURL:
http://tokiwadaikyoukai.com/modules/kantogen/index.php?page=article&storyid=643