NEWS

教会からのお知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 常盤台バプテスト教会からのメッセージ(2020/2/29)

常盤台バプテスト教会からのメッセージ(2020/2/29)

 「思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい。
神があなたがたのことを心にかけてくださるからです」
ペトロの手紙一 5章7節

 

万事を益へと変えてくださる主なる神を賛美します。

世界中でのコロナウイルス拡散により、予期できない事態に私たちは置かれています。特にこのウイルス撲滅のために日夜闘っておられる、医療関係者、行政関係者をはじめ、全ての方々のことを主なる神が知恵と力を注いで守ってくださることを共に祈ります。さて、このウイルス拡散が最小限度に抑えられ、この病の恐れから解き放たれる日がくることを私たちは共に主に祈りましょう。

私たちバプテストの群れは、「礼拝」を大切にし、共に守ることが可能な時は喜びと感謝を持って教会に集い、宣教活動(礼拝・伝道・教育・奉仕・交わり)を担います。ですが、外出に不安を覚え、年を重ね、病を担うなど諸事情で、礼拝に集うことが叶わない時、その方の状況を誰よりも主ご自身が知っていてくださるとの平安の中で、時を過ごす(祈り・休息の)信仰を頂いています。また「主の晩餐式」も、バプテストの信仰は、キリストの体と血の「象徴」として感謝をもって受ける信仰に立っています。伝統的に月に一度(第一主日)の礼拝などで受けていますが、回数などの規定はありません。そのため、このコロナウイルス感染の恐れが消えるまで、お一人おひとりの知恵と信仰、更に希望を抱きつつ、各ご家庭で御言葉を受け、祈り、主と共に歩まれる時としてお過ごしください。

 

★祈りの要請: 私たちは絶えず、いつでも祈ることができます。ですが、このコロナウイルス拡大の脅威があるこの時期、特別に心を合わせて祈りましょう。

 

毎日、正午(12:00)、常盤台教会の鐘を鳴らされます。

次の祈りを共に合わせて頂ければ幸いです。
(祈る時間はそれぞれの時間で・・・)

 

〇この病により亡くなられた日本、世界の犠牲者とそのご家族の方々のために。

〇この地域、板橋区、東京都、日本、そして世界各地の方々が守られ、幼い子どもたちをはじめ、全ての人々の健康が回復し、主にある平安と平和が訪れますように。

〇この病の拡散が最低限に抑えられ、一日も早く不安と恐れから解放されますように。

お知らせ

お知らせ一覧