NEWS LETTER

メッセージや賛美
ニュースレターをお届けします

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ニュースレター
  4. ニュースレター5月24日号

ニュースレター5月24日号

ハレルヤ

新型コロナウィルスの感染者数もだいぶ落ち着き、
今後の活動の仕方を考え、
具体的に動き始める時期となってきました。

教会に集まって礼拝をすることができなくなってもうすぐ3ヶ月。
今まで意識していなかった幸せに気づいたり、
逆に今までこうあるべき、こうしなければと思っていたことが
本当に大切なことなのか、必要なことなのかと
考えさせられたり、
それぞれの心の中に様々な変化が生まれたことでしょう。

しかし、どのような時にも神さまはそばにいてくださり、
私たちが求めればそれに応えてくださいます。
強引でも、押しつけがましくもなく、
でも、私たちが目を上げれば、そこにいらして、
耳を傾ければ、み声が聴こえ、
手を伸ばせば、その手を取ってくださる…
永遠に変わることのない神さまの存在に感謝しつつ、
神さまに与えられた知恵を用いて、
今私たちにできることをしてまいりましょう。

◎メッセージ(5/24)
聖書:出エジプト記34章1~10、27~28節
特別賛美:「主よ、共にいてください」聖歌隊(収録音源)
宣教:「過ぎ越しの時⑬『心に刻む戒めとは』」 友納靖史牧師
(メッセージはホームページからお聞きください)

◎次週以降のメッセージ
5月31日 <ペンテコステ・教会創立記念日>「過ぎ越しの時⑭『心動かされ喜んで仕える群れ』」出エジプト35:4-29(友納牧師)
6月7日 「過ぎ越しの時⑮『どのような旅路にも神が共に』」出エジプト40:16, 34-38」(友納牧師)

新型コロナウィルスの蔓延が一日も早くおさまり、
日常を取り戻すことができますよう、
そして、何よりも皆さまのご健康が守られますことを
切にお祈りいたします。

         常盤台教会 事務  田中由記子

関連記事