「 イエスの語る旧約の福音(15)『明日に向かって』」友納靖史牧師(2019/06/16)

[embed]https://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-06-16.mp3[/embed]

[聖書]歴代誌下20章13~22節、マルコによる福音書14章22~26節
「歴代誌」は旧約中、祭司の視点から記されたイスラエルの歴史書です。ソロモン王の死後、ヨシャファトは南ユダ王国第四代の王として、分裂した北イスラエルとの関係改善と和解を成し、公平と平和の王として歩んでいました。しかしアンモン人とモアブ人の連合軍がユダに侵入し、国中より幼子から家族全てが一カ所に集められ、断食し、何よりも「主を求めて」祈り続けます。ある日、主の霊を注がれたヤハジエルを通し、主が語られました。「この大軍を前にしても恐れるな。おじけるな。これはあなたたちの戦いではなく、神の戦いである。明日<敵>に向かって攻め下れ。…そのときあなたたちが戦う必要はない。

「 イエスの語る旧約の福音(14)『さあ、立て。ここから出かけよう』」友納靖史牧師(2019/06/09)

[embed]https://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-06-09.mp3[/embed]

[聖書]歴代誌上4章9~10節、ヨハネによる福音書14章25~31節
 主イエスの“弟子”としての務め(大宣教命令)を、マルコは「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝え(16:15)」ること、マタイは「すべての民をわたしの弟子にする(28:19)」ことだと、復活後召天前に主が語られたと証言します。一方ルカは「あなたがたの上に聖霊が降るとあなたがたは力を受ける。そして、…地の果てに至るまで、わたしの証人となる(使徒1:8)」と約束され、ペンテコステの日にその働きが始まったと記しました。ところがヨハネは、受難と十字架の前、主が聖霊を与える約束をされた時既に「さあ、立て。ここから出かけよう(14:31)」と弟子たちへ呼びかけたと証しします。

「 真の光、罪のきよめ」渡部信牧師(2019/06/02)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-06-02.mp3[/embed]

[聖書]ヨハネの手紙一 1章5~10節
ローマ書には「信じたことのない方をどうして呼び求めることができるでしょう。宣べ伝える人がいなくてどうして聞くことができるでしょう。遣わされないで、どうして宣べ伝えることができるでしょう。なんと美しいことか。良い知らせを伝える者の足は。・・・それゆえ、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって起こるのです。」とあります。神の救いは遣わされた者の口から、そして信仰はキリストの言葉を聞くことによって起こるのです。それではキリストの言葉を聞くとはどういうことでしょうか。それは聖書に記されたキリストの言葉を聞くことから始まるのです。自分の信仰についての考えを述べることではありません。それでは神は私たちに何を語られたのでしょうか。

「 イエスさまを見る 」カーソン・フ―シー宣教師(2019/05/26)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-05-26.mp3[/embed]

[聖書]ルカによる福音書24章13~35節 
聖書のルカによる福音書24章13節から35節までをみますと、その日、エルサレムからエマオに向かう途中の二人の弟子たちが感じた興奮や困惑や恐れといった感情がみられます。弟子たちが信じてきたナザレのイエスは、イスラエルの人々を救おうとしていましたが、祭司長に引き渡され、十字架につけられ、そして、墓に葬られたのでした。さらに、その朝 他の弟子たちは、墓のそばに天使が現れて「イエスは生きておられる」と告げられました。そこには様々な感情が渦巻いていました。

「 イエスの語る旧約の福音(13)『“癒し”以上に大切なこと』 」友納靖史牧師(2019/05/19)

[embed]https://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-05-19.mp3[/embed]

[聖書]列王記下5章9~14節、ヨハネによる福音書9章1~12節
主イエスは「列王記」の預言者エリヤの奇跡、またエリシャによって異邦人ナアマンになされた奇跡に言及し、目の前で神の業と恵みを目の当たりにしても見えていないことを辛辣に語られました(ルカ4:27)。今日の列王記下には、預言者エリシャが数々の奇跡を通し、不信の時代に生きる人々を主に立ち返らせる働きが記されます。当時、アラムの王より重用された司令官ナアマンは重い皮膚病で苦しんでいました。それを知ったイスラエルから捕虜として連行されたある少女が、「神の人エリシャに会うならきっと癒される」と語ったその一言に王が動かされ(5:3-6)、ナアマンはエリシャの住まいを訪ねる道が開かれます。

「イエスの語る旧約の福音(12)『まず、求めるべきもの』」友納靖史牧師(2019/05/05)

[embed]https://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-05-05.mp3[/embed]

[聖書]列王記上3章4~15節、マタイによる福音書6章25~34節
父ダビデの跡を継いだ王ソロモンは託された働きを思い不安を覚えました。その時、主が夢枕に立ち(列上3:5)、「何事でも願うがよい。あなたに与えよう」と語られます。するとソロモンは父の信仰を思い、「わが神、主よ…わたしは取るに足らない若者で、どのようにふるまうべきかを知りません。…どうか、あなたの民を正しく裁き、善と悪を判断することができるように、この僕に聞き分ける心をお与え下さい」と答えていたのです。

「イエスの語る旧約の福音(11)『 礼拝すべきお方・復活の主 』」 友納靖史牧師(2019/04/21)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-04-21.mp3[/embed]

[聖書]サムエル記下7章8~17節、ヨハネ による福音書20章19~29節
 復活の日の夕方、家の戸に鍵をかけ閉じこもる弟子たちの真ん中に主イエスは立ち、「あなたがたに平和があるように」と語りかけます。そして手とわき腹にある傷跡をお見せになられたのです。この時、トマスただ一人、復活の主イエスに会えませんでした。この出来事を知ったトマスは、「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れて見なければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して(復活を)信じない」と言い放ったのです。

「イエスの語る旧約の福音(10)『キリスト:油注がれたお方』」 友納靖史牧師(2019/04/14)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-04-14.mp3[/embed]

「キリスト」とは、ヘブライ語のメシア(救い主)のこと、ギリシャ語では「油注がれた者」を意味します。私たちが「イエス・キリスト」と口にする時、それは即ち「イエスはキリスト(救い主)です」と信仰告白をすることです。

「 イエスの語る旧約の福音(9)『おこぼれに与る恵み』 」友納靖史牧師(2019/04/07)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-04-07.mp3[/embed]

[聖書]ルツ記2章1~13節、マタイによる福音書15章21~28節
 自らの力ではなく与えられたものを「お零れ」と呼びます。正に「救い」は自らの努力によらず、ただ神の愛と憐れみによる「お零れ」だと旧新訳聖書を通じ宣言します。