「イエスの語る旧約の福音(25)『労苦の実り 』」友納靖史牧師(2019/10/20)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-10-20.mp3[/embed]

[聖書]イザヤ6章1~8節、ヨハネよる福音書4章31~38節
 イザヤ(「主は救い」の意)が預言者として立つまでには、心備えの期間が必要であり、6章に至り彼の召命決意が証されています。イザヤはウジヤ王(南ユダ王国10代)が亡くなった紀元前742年頃、国状不安定な折、霊的な預言者として政治上でも役割を担う働きへ召し出されました。イザヤが神と出会うのは、聖三唱(神を『聖なる』と三回唱える)、つまり神殿祭儀の礼拝のただ中でした。この賛美を通して彼は神の聖さ (神と人との分離・隔たり) に触れ、自ら罪人であると明確な信仰告白へ導かれます。イザヤは自らの罪と、国家に対する神の裁きへの不安から正しい「罪の意識」と共に、実は必要のない「罪責感」も生じました。それを知られた神は、セラフィム<天使のような存在>を遣わし(6:6)祭壇から火ばさみで取った炭火を彼の口に触れさせ、「あなたの咎は取り去られ、罪は赦された」と宣言されます。

「イエスの語る旧約の福音(24)『 心配しなくていい理由』」友納靖史牧師(2019/10/13)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-10-13.mp3[/embed]

[聖書]箴言16章1~9節、ルカよる福音書12章4~12節
 聖書は神が啓示された「信仰の書」と呼ばれ、また「知恵の書」とも呼ばれます。特に「箴言」は知恵の王ソロモンの格言(箴言)集として愛され、知恵も信仰と共に人生を支える両輪としてイスラエルの民を支えてきました。知恵(ヘブ語:ホクマー)とは「熟練によって悪を避ける」との意味で、「主を畏れ敬うこと、それが知恵。悪を遠ざけること、それが分別(ヨブ記28:28)」と告白される通りです。何よりも、知恵とは人間の能力のみに頼らず、神と人との前に謙虚に生きることが箴言全体で語られます。主イエスは箴言そのものを引用された記録は福音書にはありません。ですが、イエス御自身が「神の知恵」であることを、今日の箇所の直前(ルカ11:49)にもあるように「神の知恵もこう言っている『わたしは預言者や使徒たちを遣わすが、人々はその中にある者を殺し、ある者を迫害する』」と証しされました。

「イエスの語る旧約の福音(23)『捨石が親石へ』」友納靖史牧師(2019/10/06)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-10-06.mp3[/embed]

[聖書]詩編118篇22~29節、ルカよる福音書20章9~19節
 石造建築物を建て、その最も要となる土台の石を『親石(cornerstone)』と呼びます。それが外れると、建造物全体が崩れるからです。主イエスは過越の祭りで朗読され、ユダヤ人に愛読された詩編より「家を建てる者の退けた石が、隅の親石となった(118:22)」を引用されました。その直前、主イエスが語られた譬え話は、当時の宗教家達を相当憤らせます。なぜなら、「ある人」とは父なる神、「ぶどう園」とは神の民イスラエル、そして「農夫たち」とは当時の宗教指導者たちを指していると分かったからです。

「イエスの語る旧約の福音(22)『いのちのごはん』 」友納靖史牧師 (2019/09/29)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-09-29.mp3[/embed]

[聖書]詩編78篇23~29節、ヨハネよる福音書6章26~35節
「わたしが(は)命のパンである(6:25・48)」と主イエスは語られます。これはヨハネ6章の冒頭にある「五つの大麦パンと二匹の魚」を主が祝福した時、五千人以上の人々を満す物語に続く章全体の中心メッセージです。驚くべき奇跡を目の当たりにした群衆はイエスを捜しますが、それは彼らが再び満腹になりたいためでした。それを見抜かれた主は、「朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永遠の命に至る食べ物のために働きなさい。これこそ、人の子があなたがたに与える食べ物である(6:27)」と語られます。人の生涯を本当に満す「いのちのごはん(糧)」を与えることを願っておらたからです。そこで人々は「神の業を行うためには、何をしたらよいでしょう」と尋ねます。すると主は「神がお遣わしになった者を信じること、それが神の業である(6:29)」と応答されました。

「終末の時代にー過ぎ越しの贖い主キリスト 」渡部信牧師(2019/09/22)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-09-22.mp3[/embed]

[聖書]ルカによる福音書22章2~23節
 現代こそ、神の存在が忘れ去られている時代はありません。その結果、世界の様々なところで争い、差別、偏見、間違った自由主義、倫理の喪失、混乱が起こっています。それは丁度、聖書の黙示録6章に書かれていますように、天にいます神が7つの巻物を持っていて、その巻物を開くことのできる者は誰かと一人の天使が問いますと、神の小羊、キリストだけがこれを開くことができると宣言され、神の小羊が第1の巻物を開くと、弓を持った白い馬が出て来る、第2の巻物を開くと、剣を持った赤い馬が出て来る、第3の巻物は、秤を持った黒い馬、第4の巻物は、死をつかさどる青白い馬、第5の巻物は、殉教者の叫び、第6の巻物は、大地震が起こり、天体が崩れ去り、地上も無くなり、人々は逃げ隠れする。

「 失われた。でも見つかった。ともに喜ぼう 」 ローラ・フ―シー宣教師(2019/09/15)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-09-15.mp3[/embed]

[聖書]ルカによる福音書15章1~32節
みなさんは人生の中で何か大切な物が失われた経験をしたことがあるかもしれません。探しても見つからないときもあるし、やっと見つかったときもあります。こんな共通な人生経験を通してイエスさまは神さまについて真実を教えてくださいます。
ルカによる福音書15章1節から32節にはその三つのたとえ話が書かれております。見失った羊、無くした銀貨、そして有名な放蕩息子のたとえです。そのたとえを読む前に、この文脈を理解することが大切です。ルカによる福音書15章2~3節を見ると、ファリサイ派の人々と律法学者はイエスさまが罪人や徴税人と食事まで一緒にしているという不平があります。

「『一つ』 とされるために」 友納靖史牧師(2019/09/08)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-09-08.mp3[/embed]

[聖書]エフェソの信徒への手紙4章1~16節
 人間が成し遂げることが最も困難だと言われること。それは「『一つ』となる」ことです。国、チーム、家庭、夫婦、そして教会さえも…。にもかかわらず使徒パウロは、主イエスが抱いておられた希望(ヨハネ13:35)である、キリスト者(キリストの弟子)が愛によって一つとされると信じていました。エフェソは当時、小アジアの大都市で宗教的・道徳的に退廃していただけでなく、教会内の様々な不一致が主を悲しませていました。それでもパウロは宣言するのです。「ついには、わたしたちは皆、神の子に対する信仰と知識において一つのものとなり、成熟した人間になり、キリストの満ちあふれる豊かさになるまで成長するのです」(4:13)と。

「イエスの語る旧約の福音(21)『語り継ぐ使命』友納靖史牧師(2019/09/01)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-09-01.mp3[/embed]

[聖書]詩編78篇1~4節、マタイによる福音書13章31~35節
 福音書全体、特にマタイ13章には主イエスの語られた「譬(たと)え話」が宝石や真珠のようにちりばめられています。主が当時の生活に身近な題材を用い、聞く人々の関心を引き、真理を分かりやすく伝えられた創意工夫に驚かされます。「天の国とは次のようにたとえられる…(マタイ13:24)」と、目には見えない「天の国」、つまり来るべき世と今も、神の御心が行われる時と所が天の国となる真理を悟ることを願っておられました。

「礼拝から新たにされて」日本バプテスト連盟教会音楽室長 江原美歌子(2019/08/25)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-08-25.mp3[/embed]

[聖書]ヨハネによる福音書4章1~15節
日頃より日本バプテスト連盟協力伝道の働きを覚え、祈りお支えくださりありがとうございます。常盤台教会を会場にさせていただいた「新生讃美歌フォーラム」(2005)、「第10回全国礼拝音楽研修会」(2014)が恵みと祝福で満たされたことは今でも思い返されます。
連盟の「教会音楽推進」は、賛美歌集を編纂するところからはじまりました。最初は伝道集会用の小冊子でしたが、1989年に1冊の賛美歌集となり、2003年には総合版を出版するに至りました。

「 感謝しよう。その一人のように」カーソン・フ―シー宣教師(2019/08/18)

[embed]http://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-08-18.mp3[/embed]

[聖書]ルカによる福音書17章11~19節
今日の聖書の箇所では、神さまへの感謝について学びます。ルカによる福音書17章11節から19節には、イエスさまはサマリアとガリラヤの国境を通られたとあります。その当時、サマリア人とユダヤ人の間には宗教的な葛藤がありましたので、イエスさまは弟子達に教える機会を与えられました。