「 イエスの語る旧約の福音(1) 創世記『神が結ばれた者たち』 」

[embed]https://tokiwadaikyoukai.com/wp-content/uploads/mp3/2019-01-20.mp3[/embed]

 四福音書には、主イエスが聖書(旧約)を引用し、神のみ旨を語られたことが記されます。今回のシリーズは、旧約全39巻を通して、主イエスが語られた福音の良き訪れ(Good News)を共に分かち合います。
 「創世記」には、天地創造の神が、男と女(夫と妻)を互いに必要不可欠で、助け合う関係存在としてこの世に命を与えたと宣言します。神に結び合わされた二人の存在関係は、永遠の時の中で神の祝福を受けはずのものでした。しかし、罪と男性優位の社会に育まれた歪みゆえに、モーセの律法(申命記24:1)が一方的に女性に離縁を言い渡して良い根拠とされていました。当時、ユダヤ教の中でも、離婚を正当化する聖書解釈、倫理観が二つに割れて議論されており、ファリサイ派の人々はイエスを試すためにこう尋ねたのです。「何か理由があれば、夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか(19:3)」。