VIDEO

教会のビデオコーナー

  1. HOME
  2. 教会ビデオ
  3. 常盤台バプテスト教会 2021.12.5 主日礼拝『悲嘆から希望の民へ⑱「恵みに恵みが増す生涯」』友納靖史 牧師 【エレミヤ書24章1~7章(新共同訳 旧約P.1222)】

ライブ礼拝
友納 靖史

常盤台バプテスト教会 2021.12.5 主日礼拝『悲嘆から希望の民へ⑱「恵みに恵みが増す生涯」』友納靖史 牧師 【エレミヤ書24章1~7章(新共同訳 旧約P.1222)】


礼拝出席カード



音声メッセージ

礼拝終了後掲載いたします。通信料が心配な方はこちらからご視聴ください。
礼拝プログラム
前奏            
招詞  イザヤ書53章3~5節  司式者
祈祷             司式者
賛美  教団111番 神の御子は今宵しも 1、4節 
聖書  エレミヤ書24章1~7節
主の晩餐を覚えての黙想  "マラナタ"      
特別賛美  “Candlelight carol”  ありめせつこ
宣教  悲嘆から希望の民へ⑱「恵みに恵みが増す生涯」牧師 友納靖史
祈祷
賛美  180番 イエスがこころに 1、2節
献金感謝         司式者
祝祷
後奏
宣教概要
主イエスの誕生により、「御子を信じるものが一人も滅びないで永遠の命を得る(ヨハネ3:316)」との、驚くべき神の救いの計画が告げられました。罪を担う私たち人間は、神の聖さと救いに値しない者ですが、イエスこそが「屠り場に引かれていく羊のように黙して(イザヤ53:7)」私たち人間の身代わりとなって十字架で死なれた神の御子だと信じる者は救われるとの、驚くべき「神の恵み」が宣言されています。
『恵み』とは「本来ならいただけないはずの憐れみ」を意味します。預言者エレミヤが神に見せられた「いちじくの幻」は、本来なら全てが腐って悪くなり、食べられず破棄されるものであったはずが、驚くべき神の恵みによって「良いいちじく」へと変えられたと告げます。主なる神がエレミヤを通して語られた再生の計画(バビロン捕囚に身を投じて一時的に捕虜となっても国が蘇る)ことには耳を貸さず、自らが願うことだけを神に求め続ける不信仰に陥ったイスラエル(ユダ)の民。彼らは、滅びに至る寸前となっていました。それにも関わらず、主なる神は、主を信じ従う者に憐れみを約束されたのです。「わたしはこの良いいちじくのように見なして、恵みを与えよう。彼らに目を留めて恵みを与え、この地に連れ戻す。彼らを建てて、倒さず、植えて、抜くことはない(24:5-6)」と。
神の恵みは、主イエスの生涯、特に十字架と復活において、更に恵みが増し加えられていきました。つまり、神の救いと祝福は、人間の罪や死さえも超える力があり、人の理解や想像を超えたものだからです。かつてキリスト者を殺害したサウロにさえも復活の主イエスが現れ、彼を用いて世界宣教の礎とされました。パウロと改名しイエスの使徒とされた彼の生涯は恵みに恵みが重なったことをこう喜び伝えます。「神の恵みによって今日のわたしがあるのです。そして、わたしに与えられた神の恵みは無駄にならず、わたしは…多く働きました。しかし、働いたのは、実はわたしではなく、わたしと共にある神の恵みなのです」(コリント一15:10)。この告白は、今を生きる私たちキリスト者一人一人の生涯にも重なる感謝の応答です。
フィリポが旅の途中、聖霊に導かれてエチオピア女王の宦官と出会うことになった短い時の間にも、驚くべき神の恵みが連動していく様が証しされます(使8:26-40)。宦官とは男性として子どもを授かることを断たれ、自らを他の人より劣った存在と思い、社会的にも蔑まれていました。ところが真理を求めていた彼にとって、長年不可解であった預言の言葉「小羊として屠られた弱く卑しめられたお方(イザヤ53:7他)」が、実は十字架で死なれたイエスであり、神の御子・救い主であったとフィリポから解き明かされた時、彼のその後の生涯が大きく変えられたのです。「ここに水があります。バプテスマを受けるのに、何か妨げがありますか」と彼も神の子とされる恵みに与る価値ある存在であると信じ、その願いを告げます。すると「真心から信じておられるなら、差し支えありません」とフィリポは応答しました。こうして宦官は「イエス・キリストは神の子であると信じます」と信仰告白をして、救いの恵みに与り、彼の故郷エチオピアへと主イエスの弟子(宣教師)として遣わされていったのです。神が注がれる驚くべき恵みを信じる時、その人は更に神の恵みの基とされ、世界へと広がり、主イエスの大宣教命令(マタ28:19-20)は現実となります。今日バプテスマを受ける二人の兄弟たちも、更に恵みの基とされて遣わされていくように、皆さん方も・・・。
今なお新型ウイルス蔓延への不安の中に置かれていますが、その感染力以上の善き福音の力が注がれていることも覚えましょう。このクリスマス、御子イエスの誕生の意味を告げるこの御言葉を、皆さんと共に力強く証しする者とされますように。「わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた(ヨハネ1:16)」。