VIDEO

教会のビデオコーナー

  1. HOME
  2. 教会ビデオ
  3. 常盤台バプテスト教会 2022.1.2 主日礼拝「『初めの愛』に立ち帰ろう」友納 靖史 牧師 【ヨハネの黙示録 2章1~7節】(新共同訳 新約P.453)

ライブ礼拝
友納 靖史

常盤台バプテスト教会 2022.1.2 主日礼拝「『初めの愛』に立ち帰ろう」友納 靖史 牧師 【ヨハネの黙示録 2章1~7節】(新共同訳 新約P.453)


礼拝出席カード



音声メッセージ

礼拝終了後掲載いたします。通信料が心配な方はこちらからご視聴ください。

礼拝プログラム
前奏               
招詞      詩編149篇1~3節   司式者
祈祷                 司式者
賛美      70番 すべしらす神よ 1、2、4節
聖書      ヨハネの黙示録2章1~7節
主の晩餐を覚えての黙想    "ひとつの聖霊"    奏楽者
宣教      「『初めの愛』に立ち帰ろう」 友納靖史牧師
祈祷
賛美       363番 キリスト教会の主よ 1、3節 
献金感謝                司式者
祝祷
後奏
宣教概要
聖書は、創世記において天地の始まりを語 り、ヨハネの黙示録においては、今ある世界の 終わりを告げます。神の御子イエスを信じる者 には、終末は恐怖ではなく、完全な神にある新 たな世界の希望となります。黙示録を著したヨ ハネは復活の主イエスによって、この世の終わ りを啓示されました。しかしそれは、終わりを 迎えた時代に生きる人々のためではなく、その 以前いついかなる時代に生かされている人々全 てが、悔いなく歩むためでした。 A.D.100 年 頃、当 時 存 在 し た 教 会 へ、メ ッ セージ(特に勧告・訓戒:パラクレーシス)を伝えるよ う、ヨハネは主イエスに命じられます。その筆 頭はエフェソの教会で、主はそこに集うキリス ト者のそれまでの“行いと労苦と忍耐”を労い 「あなたはよく忍耐して、わたしの名のために我慢 し、疲れ果てることがなかった」と語りかけます。 けれども、主イエスの弟子・僕としてより善く 歩む者とされるため、厳しい口調で告げます。 「あなたに言うべきことがある。あなたは初めのこ ろの愛から離れてしまった。だから、どこから落ちた か思い出し、悔い改めて初めのころの行いに立ち 戻れ(2:4-5)」と。 「初めのころの愛」とは何でしょう。パウロ がエフェソの教会に書き送ったとされる手紙を 読むと、いかにイエスを信じ救われた者が神に 愛されているのか、冒頭から語られます。「天 地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の 前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストに おいてお選びになりました(エフ1:4)」。つまり、神 の愛の福音の真理に触れた群れ(教会)は、主な る神を愛し、互いに愛し合う健全な関係性があ りました。しかし教会も時と共に様々な課題が 生じる中、パウロは夫婦関係を例に挙げて、 「夫たちよ、キリストが教会を愛し、教会のために 御自分をお与えになったように、妻を愛しなさい(エフェ 5:25)」と、常にキリストの十字架の愛を思い起 こし、夫婦とされた時の初めの原点に立ち帰る ことを勧めています。なぜなら、繰り返し「初 めのころの愛」の行い(行動Action)を思い出 し、立ち戻る必要が正に私たちキリスト者にも 必要だからです。 常盤台教会に集められている私たちは今、ど こに、どのように立ち帰る必要があるのでしょ うか。創立72年目、そしてコロナ危機に遭遇し て2年目を迎える今年、エフェソ教会へ主イエス が語られた労いの言葉と共に、「初めのころの 愛に立ち戻れ」との訓戒に聞き従う群れとされ ましょう。キリストの示された愛とは、犠牲を 伴う愛、つまり愛する者(まだ罪人であった私たち)の ために喜んでご自身を犠牲とされた主の愛と行 動です。今年、キリストの愛する私たちの教会 で、各自がどのような犠牲(祈り・伝道・奉仕・ 交わり、献金等)を奉げ、互いに仕え合えるで しょうか。 主イエスが書き送れと命じた宛先は、実は 「教会の天使」(2:1)となっていることに注目しま しょう。つまりキリスト者自身の努力によって 愛し行動するのでなく、神の天使の導き(神の助 け)を受けて歩むようにとの福音の真理が暗示さ れています。そこまで私たち人間を深く愛され る主なる神の宿る所(教会)の信仰の交わりが回 復される時、黙示録的世の終わりを感じる困難 な時代でさえも「(永遠の)命の木の実を得る、 勝利者(黙1:7)」とされます。初めに存在した楽園 (エデン)と等しい『神の国』に、終わりの時を 迎えても平安と希望に満たされるからです。今 年も「主よ、世界中で主の愛につながり歩む 人々が世界中の教会へ加え られますように」と祈り、 互いに仕え合いましょう。