VIDEO

教会のビデオコーナー

  1. HOME
  2. 教会ビデオ
  3. 常盤台バプテスト教会 2022.11.27 主日礼拝 主イエスの許に帰ろう⑨「イエス、本当の姿」友納靖史牧師【マルコによる福音書 9章2~13節】(新共同訳 新約P.78)

礼拝
友納靖史

常盤台バプテスト教会 2022.11.27 主日礼拝 主イエスの許に帰ろう⑨「イエス、本当の姿」友納靖史牧師【マルコによる福音書 9章2~13節】(新共同訳 新約P.78)


礼拝出席カード



音声メッセージ

礼拝終了後掲載いたします。通信料が心配な方はこちらからご視聴ください。
礼拝プログラム
前奏                     
招詞   ヘブライ人への手紙 12章1~3節  司式者
祈祷          司式者
賛美   新生154番「生けるものすべて」1.3節
献金感謝                 司式者
聖書   マルコによる福音書 9章2~13節
特別賛美 第一礼拝 ””
      第二礼拝 ””
宣教   主イエスの許に帰ろう⑨「イエス、本当の姿」友納靖史牧師
祈祷
賛美   新生167番「天にはさかえ」1.2.3節
頌栄    新生674番「父 み子 聖霊の」
祝祷
後奏
宣教概要
「能ある鷹は爪を隠す」。タカは獲物を捕獲する直前まで爪を隠すように、才能ある人は、それを発揮する必要がある時までその力と存在をひけらかさないとの意の戦国時代以来の諺です。「完全な人間」としてこの世にお生まれになったイエスは、「完全な神」であられると聖書は告げます(ヨハネ福1:1-18,フィリ2:6-11,黙22-20他)。主がこの地上で歩まれた時、ご自身が『救い主』という真の姿をあえて人々に隠され、弟子たちには、周りの人々に知らせるなと命じられました。福音記者マルコは、主イエスの生涯を簡素に記し、イエス誕生の奇跡的物語は一切触れず、復活も他の福音書の中で最も短く語っています。ところが今日の個所は詳細に語り、ペトロの弟子らしくペトロの当時の感情と感想まで記載しました。それ程に主イエスがこの時現わされた、「服は真っ白に輝き、この世のどんなさらし職人の腕も及ばぬほど白くなった」と、驚くべきイエスの真の姿と、既にこの世にはいないはずの旧約の偉大な預言者エリヤとモーセらが現れ、主イエスと対話する衝撃的な出来事は「実際にあった」と証しするのです。
 世の終わりの時、救い主が「裁き主」として再来するとイザヤ書(2:1-5他)をはじめ、ヨハネの黙示録等に預言されます。その栄光の神として来られる預言が真実だと垣間見させる、主イエスの公生涯で唯一の注視すべき出来事となりました。「私たちの主イエスは“救い主”であり“裁き主”です」と、主イエスへの親しみと畏(恐)れ敬う信仰的なバランスをキリスト者は欠かせません。この山頂での出来事を目の当たりにし、驚き戸惑う弟子ペトロは「ここに仮小屋(幕屋)を建てましょう」と言葉を発します。特にエリヤとモーセの存在は当時、人々にとって信仰の両頭的偉人でした。ですから、古今東西の宗教を問わず、目に見える『人』を崇め祠や祭壇を築き、偶像化しようとする人間の幼き霊性が、ペトロにも露わにされたのです。しかしこの時、神の臨在を現わす雲が現れ(出エジ13:21)、こう父なる神の声がしました。「これはわたしの愛する子。これに聞け」と(9:7)。正にこの出来事は、旧約の律法や当時の慣習に雁字搦めに支配された人々へ、父の遣わされた御子イエスの言葉(真理と福音)と行動にのみ耳を傾け、従う大切さを命じる神の宣言であり、これがマルコ福音書の神学的な頂点(山頂)と言えます。
 神に喜ばれる信仰生活を送りたいと願う者にとって最も大切な姿勢とは、「主イエスの真実(本当)の姿を理解し、信じ、従う」ことに尽きます。私たちは自らの真の姿を、現状以上に良く見せようと取り繕ってしまう課題と日々戦っています。私(たち)は人には言えない弱さと罪をひた隠しにしようとする罪人ですから。その一方で、主はご自身の真の姿を隠され「人の子が死者の中から復活するまでは、今見たことをだれにも話してはならない(9:9)」と話されます。その理由は、救い主としての栄光に輝く神の姿だけを人々が見て、ご自身を崇めることを望まれませんでした。救い主が十字架にかかり血を流され、私たちの内に隠された罪の破滅的恐ろしさと、その罪を贖い(人間の身代わりとなり)、イエスを主と信じる者を赦し救われる神の恵みとを、共に知ることを願われたからです。救い主が惨めなお姿を十字架に至る道行きで示されたように、私たちも自らに託された使命と人生を全うする過程で、恐れずに弱さと罪を主なる神と信頼できる者の前に表し、罪の荷を降ろせる恵みを主ご自身が実践されたのです。
 父なる神と主イエスが、そこまでも私たち人間を愛しておられたことに驚き、感動を覚えます。主イエス誕生とその生涯の意味を知り、神に感謝と賛美を奉げつつ、今日から始まるアドベント(待降節)の期間、この喜びと平安をまだ知られない方々へ大胆に宣べ伝えて参りましょう。