VIDEO

教会のビデオコーナー

  1. HOME
  2. 教会ビデオ
  3. 1.24主歴2021 ルカによる福音書10章21~24節 信仰だけは3密で②「喜びは『聖霊』により」友納靖史牧師

ライブ礼拝

1.24主歴2021 ルカによる福音書10章21~24節 信仰だけは3密で②「喜びは『聖霊』により」友納靖史牧師

本日機材のトラブルのため、ライブ配信をすることができませんでした。
お待ちになられている皆様に大変ご迷惑をおかけいたしました。
来週のために準備を整えてまいります。


礼拝出席カード


音声メッセージ
今週は音声のみとなります。


礼拝プログラム
前奏           奏楽者
招詞           司式者
祈祷           司式者
賛美  344番 聖なるみ霊よ 1、2節  
聖書  ルカによる福音書10章21~24節  Luke10:21-24
特別賛美演奏  "御霊は私の心を満たし" リビングプレイズ  奏楽者
宣教  「信仰だけ3密で② 喜びは『聖霊』により」 牧師 友納靖史
祈祷
賛美  252番 喜べ 主を 1、2節 
献金感謝         司式者
祝祷
後奏
宣教概要
主イエスが12名の弟子達(使徒)以外に、72名の弟子を福音宣教の働きのために任命した出来事から、今日の箇所は始まります(ルカ10:1~16)。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい」との切実な祈りに心動かされた弟子たちは、主イエスより受けたアドバイスに従い、主が訪れる予定の全ての町や村々に前もって遣わされます。その働きを終え、喜び勇んでこう報告しました。「主よ、お名前(イエスの名)を使うと、悪霊さえもわたしたちに屈服します(10:17)」。ところが主は「悪霊があなたがたに服従するからといって、喜んではならない。むしろ、あなたがたの名が天に書き記されていることを喜びなさい(10:20)」と、本当に喜ぶべきことがもっと別にあると語られました。この時主は、「聖霊によって喜びにあふれ(ギ:狂喜する・大喜び)」たとルカは証言します。興味深いことは、神の御子イエスは偉大な力を持っておられましたから、ご自身だけでも喜び祈れたはずです。しかしルカは明確に語るのです。「イエスは〈聖霊と共に〉喜びにあふれた」と。ここに御子と聖霊の深い関係性が証言されました。
この後に主イエスは「天地の主である父よ、あなたをほめたたえます」と、父なる神への敬意と親しみをこめた言葉で祈られ(10:21)、父・子・聖霊の三一性、更に私たちさえも含めて、四者間の交わりの大切さを示されます。「すべてのことは、父からわたし(御子・イエス)に任せられている」、「父のほかに、子がどういう者であるかを知るものはなく、父がどういう方であるかを知る者は、子と、子が示そうと思う者のほかには、だれもいません」と。主なる神の聖なる交わりの中に、「子が示そうと思う者」、つまり主イエスの命令を幼子のように素直に実践した72名の弟子たち、また私たちさえも加える約束をしてくださったのです。ここでは、本当に喜ぶべき「喜び」とは、弟子たちがイエスの名によって行った、悪霊さえ追い出す偉大な業が出来るか否かではありませんでした。むしろ主イエスに招かれた者たちが旧約時代より預言されていた救い主の出現を目の当たりしている恵みと、天地の主である父と御子イエスとの豊かな交わりの中に、主を信頼する者が既に招き入れられていることを喜ばれたのです。
春以来お会いできていないM姉の証しを先週お聞きし、喜びに満たされました。姉は90歳を超える年齢で、身体的にも社会的にもご自分で自由に動くことが叶わない寂しさ痛みを覚えておられました。昨年末、体調を崩され緊急入院されましたが、無事退院して帰宅されました。入院中、主をより近くに感じられた経験を証ししてくださったのです。「この年になって今更のように神を信じていて本当に良かったと感じています。日中、自分は家に独りぼっちですが、主なる神さまに祈り、お話し出来るので寂しくありません。召された夫と自分に与えられた信仰をいずれ家族も受け継いでくれる日が来ると信じ、主に委ねています。幼い頃に教会へ導かれ、今があることを思うと、感謝感激雨霰です」。電話口から溢れ出るM姉の信仰と喜びの言葉に胸熱くされました。主イエスが語られたように、この姉も聖なる主との交わりの中に置かれ、聖霊によって喜びに溢れておられました。
弟子達は宣教活動による豊かな収穫の実を喜ぶこと以上に、彼らの名が天に記され、父・子・聖霊なる神の永遠に続く豊かな交わりの中に置かれている恵みを主イエスより教えられました。今、福音宣教の働きが制限され、多くの困難と孤独感を体験しているこの時にこそ、今日の御言葉から、人知を超えた大いなる喜びと希望とが聖霊によって私たちの魂から湧き溢れますようにと祈ります。

「むしろ、キリストの苦しみにあずかればあずかるほど喜びなさい。それは、キリストの栄光が現れるときにも、喜びに満ちあふれるためです」(ペトロ一4:13)。